シックハウス対策のために建築基準法が平成15年7月1日以降着工の建物に適用されています。

 シックハウスとは? 新築やリフォ−ムした住宅に入居後目がチカチカする、のどが痛い、めまい吐き気、頭痛等の症状がでること。 
原因

全て解明されていないがその原因の一部は建材や家具などから発散する揮発性の有機化合物と考えられています。

有機化合物:ホルムアルデヒド・VOC(トルエン・キシレンその他)

規制対象の建築物  住宅・学校・オフィス・病院等全ての建築物の居室 
規制の概要  1)ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制

@内装仕上の制限:ホルムアルデヒドを発散する内装材の使用面積を制限したり使用禁止にする。規制対象建材は木質建材(合板・フロ−リング・パ−ティクルボ−ド・MDFなど)、壁紙、ホルムアルデヒドを含む断熱材・接着剤・塗料・仕上塗材等

A換気設備設置の義務付け:機械換気(24時間換気システム)設備の設置義務付け。

B天井裏等の制限:天井裏や床下などから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐ措置。

1.建材による措置:天井裏などに第一種、第二種のホルムアルデヒド発散建材を使用しない。(F☆☆☆以上とする。) 

2.気密層、通気止による措置:気密層通気止を設けて天井裏などと居室とを区画する。

3.換気設備による措置:天井裏などにも換気設備を設ける。         

2)クロルピリホスの使用禁止(白蟻駆除剤)



シックハウス対策生活
上の注意点
@適切な換気をこころがける。

A科学物質の発生源となるものをなるべく減らす。

 
室内換気の注意点  ● 24時間換気システムのスイッチは切らずに常時運転する。

● 新築やリフォ−ム当初は化学物質の発散が多いので換気や通風を充分に行なう。

● 特に夏は科学物質の発散が増えるので室内が著しく高温多湿になる場合は(温度28度相対湿度50%超以上)窓を閉め切らないようにする。

● 窓を開けて換気する場合は複数のまどを開けて、汚染空気を排出し、新鮮な空気を入れるようにする。

● 換気設備はフィルタ−の清掃など定期的に維持管理をする。

 
建材以外の化学物質の発生源 新しい家具やじゅうたん、カ−テン・床などに塗る。
ワックス・防虫剤・芳香剤・消臭材洗剤・化粧品・香水
・整髪料・開放型スト−ブ等が発生源になることもあるようです。

 タバコは室内で吸うことは避けたほうが良いでしょう。

 

科学物質過敏症の方の場合は化学物質の容量の問題ではなくそこに反応する
化学物質があるだけでだめなので今回の規制では対応できないようです。

 

建材・設備各種等お好きなメーカーをお選び頂けます

logo_ykkap.gif 三菱電機.gif logo_shikokukasei.gif シャープ.gif ヤマハ.gif
サンウェーブ.gif brand-slogan_01.gif top_logo.gif INAX 07a_head_h1.gif
logo_tostem.gif 日立ハウステック.gif bnr_toto2.gif tepco-j.gif logo.gif
ダイキン工業(株).gif 長府製作所.gif      

 

他にも多種多様にご希望のメーカーに対応致します。